虫歯が多い私は入れ歯に頼るしかないのか

様々な技術が発達した現代でも、「虫歯」のことで悩む人は数多くいます。それは、時に過剰とも言えるほど、一つの地域に密集して開業している歯科医院の多さからも計ることができ、いかに多くの人が歯医者さんのお世話になっているか分かろうというものです。
この虫歯の治療に関する方法の中には、時に「入れ歯」を選択することがあります。これは、傾向的に若いころから虫歯に悩まされていた人に発生しがちで、最も若い世代では、何と20台のころに総入れ歯にせざるを得なかった方もいるのだとか。



歯は食物を通じて栄養を摂取する際など、必ずと言っていいほど必要な体の器官であるだけに、この「20台で総入れ歯」という話は決して他人事として受け取ることは出来ません。

牛の博物館

さて、子供のころから虫歯に悩まされ、成人してそれが悪化した人にありがちなケースとして、「虫歯が多い私は入れ歯に頼るしかないのか」と悲観してしまうことがあります。この場合、確かに「入れ歯」も有効な治療方法ではありますが、対応方法としてはこれだけではありません。
現代の歯科治療には、「インプラント」と呼ばれる人工歯を埋め込む形の治療方法も存在しているのです。治療費的には割高になる傾向がありますが、その分、入れ歯にしてしまうと減少してしまう「噛む力」を維持し、メンテナンスも比較的行いやすいというメリットがあります。

社団法人宮崎市郡東諸県郡歯科医師会|こどもの歯ドットコム

もしあなたが、虫歯が多い=入れ歯としても、決して悲観する必要はありません。まずは、お近くの確かな技術を持った歯科医院を探し、そこで治療法を相談することから始めてみましょう。