ハローワークに通ってます

昨年、私は出産を機に5年勤めた会社を退職しました。そして今年、子供の授乳も終わり、夜中もぐっすり眠ってくれるようになり、人に預けることが可能になってきたので、そろそろ仕事を始めようかと思い始めました。そこで、実家の母に子供を預けて、管轄のハローワークに行ってみました。

ハローワークは生まれて初めてだったのですが、意外と綺麗な施設でした。また、求人情報がファイルに綴じてあったり、ボードに張り付けてあるのかと思っていたので、パソコンで検索できることに驚きました。これらのことは私がハローワークに縁がなかったから知らないだけであって、職業安定所からハローワークへ名称が変わった頃から変化を遂げてきたのでしょう。

求人情報 | 長野労働局

しかし、一番驚き、感激したことは「マザーズコーナー」があることです。小さい子供を連れている人向けに、ベビーチェアやベビーカーが用意されていたり、絵本やおもちゃのあるキッズコーナーが設置してあります。もちろんオムツ替え台や授乳室も完備されています。それだけでも大変助かるのですが、育児と仕事の両立を目指す上での悩みや心配事を相談できたり、「子育て中の方向けの求人」を検索できたり、保育園の情報を提供してくれたりもするのです。



マザーズコーナーを知ってからは、母の手を煩わせなくても、子供を連れてハローワークに行けるようになりました。もちろん、なかなか条件の合う仕事は見つかりませんし、こちらがいいなと思う求人があっても、そう簡単には決まりません。でも、マザーズコーナーのおかげで子供が退屈せずに遊んでいられるので、心置きなく仕事を探すことができるのです。

監督課のご案内 | 福井労働局

私のハローワーク通いはしばらく続きそうです。