相続の放棄について

故人が残したものは全て遺族に引き継がれます。財産が多ければ良いですが、中には半端じゃない負債を残して亡くなる方もいますね。しかし、こういう場合は財産の相続を放棄する事が出来る事はご存知の方が多いのではないでしょうか。

仙台 競売

故人が残した財産を相続しませんと意思表示する事を“財産放棄”と言います。意思表示と言っても、ただ単に私は要りませんと皆に言うだけでは当然ダメです。家庭裁判所でその旨の手続きを行う必要があるのです。この相続放棄の申し立ては自分が相続人になった事を知った時から3ヵ月以内に行わなければなりません。3ヶ月が経過すると単純承諾したとみられ、相続放棄をする事は出来なくなりますので注意が必要です。但し、自分が相続人になった事を知った時から3ヵ月以内ですので、例えば父母や兄弟だと、配偶者や子供が相続放棄を行ってからでないと相続人には成り得ませんので、単純に個人が亡くなってから3ヵ月以内という訳ではありません。しかし、いつ知ったかは証明が難しいので、個人が亡くなってから3ヵ月以内に行うとよりスムーズに行う事が出来ます。

台東区借上げ住宅 台東区ホームページ

相続放棄は、他の相続人が居た場合でも単独で行う事が出来ます。全員が放棄したいと思っていても、相続人一人一人が個別に申請しなければならないのです。
さて、相続放棄と呼ばれるものの中には、注意が必要な相続放棄も有ります。それが、相続人同士で話し合った結果の相続放棄です。親族同士の揉め事に巻き込まれたくないからと、相続人の中で相続放棄の誓約書を書かされることが有るそうですが、この誓約書は相続人の中だけでしか効力はありません。もし、財産の中に負債があった場合、債権者が取り立てに来てもこの誓約書で追い返す事は出来ないのです。債権者を追い返すには家庭裁判所に財産放棄を申請し、承認された事を示す書類が必要になってくるのです。

不動産相談(予約制) 西東京市Web

また、相続放棄で注意したい点は、相続放棄を行うと相続人が元から居なかった事になる為相続権の代襲は行われないという事です。これを許してしまうと相続税の脱税が簡単に行われる事になりますので、当然と言えば当然ですね。相続放棄を考える場合は、子供とも良く話し合う事が必要ですね。